フラット35での中古マンションの購入?

金利が長期で変わらず、団体信用生命保険不要、繰り上げ返済手数料不要のフラット35は、数ある住宅ローン商品の中でも人気の商品ですが、中古マンションの購入においても利用が出来る住宅ローンです。
但し、フラット35を中古マンションの購入で利用する場合、購入する物件が住宅金融支援機構の定める技術基準に適合している事が条件となります。
適合しているかどうかは、検査機関または適合証明技術者に、実際に物件の調査を依頼し、適合証明書を発行してもらいます。
業者は不動産会社に紹介をしてもらうか、住宅金融支援機構のホームページからも検索出来ます。
また、あらかじめ住宅金融支援機構に登録されているマンションの場合(「中古マンションらくらくフラット35対象マンション」)であれば、検査および証明書の提出は不要となります。
購入希望の中古マンションが、登録されているかどうかも、住宅金融支援機構のホームページにて確認する事が可能です。