夜勤が多い看護師は日勤に転職する人が結構多い?

夜勤は看護師にとって避けられるものではありませんが、体調を崩してしまうならば、日勤のみという条件で転職するのも間違いではありません。
でも、忘れてはいけないのが、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、夜勤で働いていた頃に比べて収入が減ってしまう事が多いようです。
現在の年収を下げてまで日勤を重視するのかどうか、じっくりと考えて決めましょう。
悪質な転職サイトは少ないですが、もしお金を要求されたら全力で断りましょうね!!転職サイトの利用料は、すべて無料です。
看護師側は、全く無料なので安心ですが、「あそこのクリニックはガチでヤバかった!」というブラック紹介には気をつけましょう・・。
学校を卒業したり転職によって、新しい病院に就職する際に、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、100パーセント希望通りにしてくれることもありますが、人事を担当する人の考えによって確定されたりすることもありそうです。
人員配置については、病院側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、そこに配属になる事が多いのです。
それでも、その人材配置に納得いかず、仕事に身が入らなければ、部署の上司にそのまま伝えてみて、アドバイスを求めることもできます。
看護士と看護師の両方とも、基本的には同じ職業です。
何が異なるかというと、男性を今までは看護士、女性を看護婦と位置づけるように性別で分けて称していたものです。
今は、男性も女の人も一緒に看護師という名で呼ばれています。

看護師転職で高収入に?美容クリニックの給料相場を調査【給与は多い?】